管理者権限等、他のユーザー権限で共有フォルダにアクセスするには、 コマンドプロンプトからNET USEを使います。

>NET USE \\TARGET-PC\IPC$ /USER:targetuser

他のドメインのユーザーを使用したい場合は明示的に、/USER:targetdomain\targetuserとして下さい。

又、既に一度対象のPCにアクセスしてしまっていたり、他のユーザーの権限で既に共有フォルダを開いたエクスプローラが表示されている場合は、エラーになる場合があります。
この場合は、対象PCに関するWindowを全て閉じた上で、

>NET USE

を実行し、対象PCに関する接続情報を/DELETEで全て削除してください。 例えば以下のようになります。

>NET USE \\TARGET-PC\IPC$ /DELETE

これを使うとわざわざ他のユーザーでログオンしなおしたり、RUNAS使ったりしなくて済むので楽です。

接続情報はログオフするまで有効です。

このメソ知恵は訳に立ちましたか?

選択肢 投票
はい 14  
いいえ 11  

  • いちいち削除するのが面倒なときは、NET USE /DELETE * でもOKです -- miri? 2004-03-24 (水) 15:08:08
  • なるほど。勉強になりますな。ならざるを得ませんな。 -- メソ 2004-03-24 (水) 15:11:16

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White