面白い検索ページを見つけました。

touchgraph.jpg

TouchGraph って言うんですが、Google Web ServiceのAPIを使って 結果をJavaアプレットでグラフィカルに表示するんですわ。 なんか適当にURLを入れるとウニウニと結果が広がっていく様子は凄いです。 任意の結果をダブルクリックすればそこからまた派生してどんどん広がって行きます。 ライフゲームみたいです。

このサイトにはGoogle以外にもAmazonのDBを使ったものや WikiのInterWiki関連図を表示するものなど、色々あります。 日本語が表示できないのがちょっと残念ですが。

何か、商売には直結しないかもしれないけど、インターフェイスと 言うものを色々と考えさせられます。

萌えて覚える英単語集『もえたん』

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filname)

http://www.sansaibooks.co.jp/temps/moetan.html

以前、「萌える法律読本」とかありましたが、英単語に飛び火しました(笑

「需要あんのかよ」とか思うけど案外あるかもしんない・・・。 つーかさ、エロゲーとかってのも一定の需要がある訳で、 「できるExcel」とかじゃなくて「萌えるExcel2003 XP対応版」 とか出せば結構売れるんじゃないかと思うんだけどどうかな?

NEC「PC-9800シリーズ」ついに受注打ち切り

http://www.zdnet.co.jp/news/0308/07/njbt_03.html

まだ作っていたようで。しかし当時はまさかゲイツちゃん達にこんなに コテンパン(死語)にやられるとは思わなかったよなぁ。 盛者必衰ですな。

ゲーム界の「プロ・アスリート」たちが競うトーナメント大会

http://www.hotwired.co.jp/news/news/culture/story/20030807205.html

以前からこーゆーのがあるのは知っていましたが賞金総額20万$っつーのは 凄いですね。プロとして食っていけますね。マジで。 World Cyber Gamesの 公式日本語ページもあったりします。 確かに、「好きなゲームの驚異的なプレイを見てみたい」と言う欲求は ありますよね。と、 今書いて思ったけど、この欲求ってスポーツと全く同じですね。


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White