先週末、YellowJacketsと言うJazz/FusionバンドのLiveに行ってきた。 私の記憶が確かならば、来日するのは10年ぶり位じゃないかと思う。 もちろん初めて見に行った。むしろ、待望だった。かなり好きなバンドなので。

で、よかった。すばらしかった。涙までは出なかったが、 「いやー、カッコイイなぁー」と素直に感動。 次回、来たら又是非行きたいですわ。

しかし、海外アーティストのライブに行くといっつも思うけど、 何故、何事も無かったかのように英語でしゃべりかけるんだろうか。 可能性を考えてみた。

  1. 日本は英語圏だと思っている
  2. 日本人は多くの人が英語を聞き取れると勘違いしている
  3. 日本人が英語が不得意なのは知っているが、マンドクセーのでそのまま英語でしゃべっている

恐らく、3だろう。まあ、確かに世界的な普及率は英語の方が上だろうが、 エンターテイナーなんつーものはサービス業なんですから、 やっぱり、お客さんの一番分かりやすい言語で話しかけて欲しいものですわよ。

しかも、中途半端に「アリガトゴザマース」とかだけ日本語で言われると余計腹立つ。 ワザとカタコトっぽくしとるんちゃうか。「シラナーイ」「コムギコカナニカダ」かよ。

ライブ中の喋りなんて、ほんの数分なんだから、 先に紙にでも書いて日本語でしゃべれっつーの。ここはニッポンだっつーの。 お箸の国の人だっつーの。ジーコだって一人でできちゃう国だっつーの。全く。

なんて、思ったけど、ボブ・ミンツァーと握手してもらっちゃったから許す(ミーハー)

クリエイティブ、1.5GB HDD搭載のオーディオプレーヤー

muvo.gif

これもなかなかいいかもしんないわー。 個人的には年末位に出るらしいiRiverのiHP-200に期待してるんですが。

GBAがテレビ電話に変身「カムフォ・アドバンス」を12月に発売

camphoto.gif

微妙だなぁ。確かに端末的には普及してるし、価格もそこそこだけど、 わざわざ電話線をくっつけてテレビ電話するかなぁ。。。 しかも、相手も持ってなきゃいけないわけでしょ・・・?

Macromedia が『Studio MX 2004』をリリース

なんて言ってる間に、もう発売ですよ。日本語版はいつだろうか。



URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White