Monopoly Live

海外モノのボードゲームっつーと「スコットランドヤード」と「モノポリー」が思い出される。 スコットランドヤードで Mr.X 役になっちゃうと、一人だけ仲間はずれ的な疎外感を 強制的にかぶらなければならないMr.Xハットが更に増強する傾向にあったのが思い出される。 つーか、あのゲームはウソつけちゃうから、Mr.Xは良心との戦いみてーなところもありましたなー。 オンラインでエニックスがほぼスコットランドヤードをパクッった「チェイスチェイス」 っつーゲームもありましたなー。やる機会も無くサービス終了しちゃいましたけどなー。

と言う訳で、Mr.X と言えばタイガーマスク。いや、違う。Mr.X、スコットランドヤード、と言えばロンドン。 楽しいロンドン。そう、楽しいロンドンだ。(もう一言あるだろーー!)

モノポリーに新しい種類が出るらしいんですが、舞台がロンドンらしい。 まあ、それがどうかしたの、って感じなんですが、この新製品を投入するにあたって、 Webで販促キャンペーンやってるんですが、コレが固い

MonopolyLive、と言う事で、Web上で簡易版モノポリーみたいのが期間限定でできるんです。 最初にもらった金額で好きな土地を買うところは普通のモノポリーと同じ。 買った土地に建物を建てるところも普通のモノポリーと同じ。 で、固いのはここからで、自分でサイコロを振りません。 どーすんのかっつーと、オンラインで自動で無作為に抽出された5人がボード上表示されるんですが、 このコマ動きは実際にロンドン市内を走っているタクシーの動きとリンクしています。 ロンドン市内の16台のタクシーにGPSが取り付けられており、 これらのタクシーが市内を動き回ることによってボード上のコマが動く、と言う仕組み。 つまり、人気のスポットには当然タクシー(=コマ)が止まる可能性が高い訳です。 他人のコマ(=現実のタクシー)が自分の土地に止まったらお金がもらえる。 当然他人の土地に止まったらお金を支払う。 コレが15分間隔で24時間自動的に繰り返され、最も多くのお金を稼いだ人がその日の勝者。

で、勝つとおめでとー、だけじゃなくてちゃんとまともな商品がもらえる。 映画の1年間無料パスだったり、飛行機のチケットだったり、自分用にカスタマイズされたモノポリーだったり。 しかも、期間全体で総合優勝すると、自分の家の家賃を一年間払ってくれる(!)らしいです。固い固いなー。

実際に動いているものとリンクしている、と言う辺りが大人気らしく、今現在でプレイヤーは18万人。 やってみたが、結構おもしろい。自分自身は初期設定したら後はほぼ見てるだけなんだが、 やっぱ現実とリンクしていると思うと何かワクワク感がある。 と、同時にコマの動きが現実の環境に左右されるので、 「今週はテニスの大会が開かれるので、ウィンブルドンには客がたくさん集まるだろう」なんつー 予測を立てたりすることもできる。

なんか、こーゆー仕組みって手軽にアツくなれる有効な手段なんじゃないかと。 日本でも他のキャンペーンなんかで同様の仕組みでやったら結構人気出るんじゃないかと。マジで。

とりあえず、ヒマな方やってみてください。結構おもしろいです。しかも当たるかもしれないです。



URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White