まずはエディタ。エディタが無いと困る。 Windowsでは秀丸とvim使ってた。 調べると、miとか言うエディタが定番(?)っぽい。 が、これを入れちゃうと、Windowsで陥った、

大して使いこなせてもいないのにわざわざ秀丸なんか入れて使った気分になっている

と言う状況になりそうなので思いとどまる。vi一本で行こう。

vi自体は最初から入ってるんだが、今後の事も考え、gvimも使いたい。 で、その手のunix系アプリ(?)は、macportsなるツールでお手軽にインストールできるらしいので、まずはこれを入れよう。

downloadsからleopard用の最新版 dmg をダウンロード。 インストール自体はインストーラが付いてるので実行したらおしまい。

で、macportsはインストールしたアプリを全部 /opt/local/ 以下に置くらしいので、PATHを通す為に、.bashrc なんぞに以下を追加。

export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH

で、macportsを更新。

$ sudo port -d selfupdate
$ sudo port -d sync

これで最新状態になるらしい。 "-d"はデバッグモード、らしく、これ付けとくと色々ニョロニョロ出てきて「やってる感じがする」って事らしい。

後者の sync はソフトウェア一覧の更新らしいので、定期的にやる必要があるみたい。

で、

$ sudo port install vim

で、入るんだが、ちょっと見たら、どうやら↑のvimは日本人的には全然旨くないらしい事が判明したので思いとどまる。 確かに、windowsでも kaoriya 版使ってたもんなぁ。

で、macでも色々やっちゃった版みたいのがあるらしいが、今日はここまでで挫折。

作成日 2008-03-26 (水) 13:05:26

投稿者メソ | パーマリンク | トラックバック(5) | コメント(0)

Tag: mac



URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White