瓶詰めする。

昨日の夜、チェックしてみたところ、液体内の泡がほとんど上がってきてない。 そろそろ終わりっぽい雰囲気なのか・・・。

で、今日の朝見てみたが、やはりもう泡が上がってきてない。表面の泡もほとんど無い。 と言う事で、とりあえず、昨日の提案どおり薬局行って、例のブツを買ってきました。

uriace.jpg 2005:10:15 15:14:11

糖尿検査用試験紙 1078円

uriace2.jpg 2005:10:15 16:47:19

中身。この中に試験紙が入っていて、ここに書いてある色と照らし合わせます

で、早速糖尿、いや、液体(ウォート)の糖度を検査。 試験紙を液体に1秒間つけて、30秒後に色で判断します。

写真取るの忘れちゃったんですが、1分経っても黄色のままです。 つまり「ほとんど尿糖は検出されませんでした。」と言うステータスです。 まだしばらくは糖尿病の心配はなさそうです。 違いました、要するに糖分がほとんど液体中に無いということです。 一応、実際になめてみましたが、甘さは感じられません。

集めていた二次発酵用の容器も昨日の時点で17L分揃いました。

と言う事で、一次発酵は無事終了したとみなし、瓶詰めして二次発酵に移行します。

とりあえず、水槽から引っ張り上げます。下に酵母が溜まっているらしいので、 酵母が舞い上がらないようにゆっくり移動します。

1_7.jpg 2005:10:15 16:15:48

一次発酵終了。(と見なした)

まず、集めたペットボトル等の入れ物を消毒します。 ペットボトルのフタはキッチンハイターに一時間程漬け込んで消毒しました。

sterilizecap.jpg 2005:10:15 16:41:42

キャップを消毒

その間にペットボトル本体とカン、ビンは消毒用エタノールを中に入れてシェイクします。

shakeethanol.jpg 2005:10:15 16:42:24

エタノール入れてシェイク!

ペットボトルのフタは消毒中なので手で押さえました。。 エタノールはシェイクが終わったら次のボトルにじょうろで移してどんどん使いまわします。

sterilizebottle.jpg 2005:10:15 16:41:50

どんどん殺菌

で、ボトルが全て乾燥したら、いよいよボトルにタンク内のウォートを入れていきます。 タンクはコックが側面になるように向きを変えます。コックにチューブも取り付けます。 チューブの長さは一番深いボトルと同じ位の長さにします。(チューブがボトルの底に付くように)

movetobottlefromtank.jpg 2005:10:15 18:22:06

移し変え準備完了。

この時、タンクの下には澱(オリ)が溜まっているので、なるべくゆっくりタンクの向きを変えます。 ゆっくりやればタンクの側面にオリがくっついたままの状態で向きを変えられます。 このオリがなるべくボトル内に入らないほうが澄んだビールができるらしいです。

tankbottomside.jpg 2005:10:15 18:21:52

泥っぽい部分がオリ(酵母のかたまり)

タンク内の液体(ウォート)をボトルに注ぐ時の注意点ですがなるべく酸素にふれさせないようにする事です。 なので、チューブもボトルの底につけた状態から注ぎ始めます。 このタンクは空気穴が無かったので、最後の方はタンクを潰しながら注がないとボトルに入ってくれませんでした。

で、1つボトルに注いだらすぐに砂糖を追加します。これをプライミングシュガーと言うらしいです。 砂糖は何でもいいみたいですが、今回はグラニュー糖を入れました。 で、入れる量ですが、1Lに対し5g程度だそうです。 計るのが大変ですが、コーヒーシュガー等の個包装になっているものを利用すると、 最初から数グラムづつになっているので分かりやすいです。

が、用意したコーヒーシュガーは6gのものだったので、「んー、1g減らすなんて目分量じゃ無理っすなー」 と言う事で、軽量スプーンを使って計る事にしました。 2.5ccと5ccの軽量スプーンがあったので、それで計れば 500ml のペットボトルも 1L のペットボトルも 全部いけちゃう、というわけです。

と言う事で、ボトルに「ビールを注ぐ」-->「砂糖を入れる」-->「すぐふたをする」 をじゃんじゃん繰り返していきました。

実際に注いでいるときは写真どころじゃなかったので写真はありません・・・。

で、完成ーーーー。

bottled.jpg 2005:10:15 19:01:35

入りました。全部。

締めて17L。最初のほうは澄んだウォートが入るんですが、だんだんと下に行けば行くほど、オリがボトルの中に入ってきます。 文献によっては「最後の1L位は廃棄」みたいなものもあったのですが、 まあ、ものは試しと言う事で全部いれてみました。 最初と最後では色が全く違います・・・。

bottlecolordiff.jpg 2005:10:15 18:59:41

右が最初。左が最後。全っ然チガーウ

で、ここまで来て間違い発覚。 「ビールを注ぐ」-->「砂糖を入れる」とやってましたが、 どうやら先に砂糖を入れてからウォートを注ぐらしいです。 はっはーーーーーー。まあ、今更です。(放棄)

で、気を取り直して、ボトルを又温度調整用システムに漬け込みます。

2_1.jpg 2005:10:15 19:11:32

何か縁日とかみたい・・・

余計な皿みたいのとかが入ってますが、単純に隙間を埋めてボトルを固定する為のものです。

で、これで二次発酵開始。一週間位したら1つ飲んでみようかなーと思います。 熟成してくるには1ヶ月〜3ヶ月位必要みたいです。まあ、徐々に飲んでいって、徐々に変わってくる味を楽しむ、と言う事で。

・・・で、後片付けしてるときにスティックシュガーが5本余っている事に気付きました。 最終的には軽量スプーンで計って入れたのですが、とりあえず、17L * 5g / 6g と言う事で、15本シュガーを用意してたのですが。。。何で5本も余ってんだ??しかも皿にはまだ砂糖が結構残っています。。。

と言う事でここまで来て間違い発覚。 今考えれば当たり前なんですが、軽量スプーンの単位は cc5g == 5cc では無かったんです。 計算してみると、大体 60% 位しか入っていないようです。

砂糖が少なすぎると炭酸が出なくって気の抜けたビールになります。 でも、40%なんて計って入れられません・・・。 と言う訳で色々考えた結果、再度さっき入れた量と同量(から気持ち少なくした量) をボトルに追加しました。

「気持ち少なくした」と言う時点で完全に目分量ですが、 もう今更です。しかも最終的に計算よりもスティックシュガーを1本多く 使ってしまったので、明らかに多めに入ってます。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

まあ、やっちゃったものはしょうがない。このまましばらく放置します。

ちなみに砂糖を入れすぎると爆発するそうです。 大轟音と共に部屋中にビールぶちまけたら離婚だな。多分。



URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White