ビール作成手順

モルトエキスで作る方法

砂糖を使わずに12L作成する手順(Mac's等)

一次発酵

  1. 器具の消毒
    • キッチンハイターで消毒
    • 消毒後、お湯でよくすすぐ
      • タンク
      • 一次発酵時に付けるチューブ
      • ろうと
      • 予備発酵用のコップ・スプーン
      • 計量カップ
    • 金属製のものは煮沸消毒
      • キッチンハイターが使えないので
      • あらかじめ煮沸するお湯を用意しておく
  2. 水を用意
    • 12Lをタンクで計り、水位にマーカーをつけておく
      • 内、2Lは取り出して鍋へ
      • 内、3Lは調整用に別容器へ
    • 既にマーカーが付いている場合は調整用は最後に直接蛇口からでOK
      • 余計な工程が増えると雑菌も入りやすい
    • タンク内の水温を調節する
      • 熱湯2Lを加えて最終的に40℃程度になるように
  3. ウォートを煮込む
    • 2Lの水とウォートを1時間煮込む
      • ウォートが焦げ付かないようにかき回す
      • アクが出てきたら取り除く
    • この間、時間があれば温度調整用のプールを準備しておく
  4. ホップを投入
    • 12Lに対し15g
    • 煮込み終了3分前に入れる
    • 茶こしのパックとかに入れて投入
      • パックは3つ位に分ける
      • パック1つに入れるとホップが膨張して成分が出にくくなる
  5. イーストの予備発酵
    • 煮込み終了と同時に開始
      • 100ccのお湯(40℃)
      • 砂糖小さじ一杯
      • レモン汁1/4個分
      • 粉末イースト5g
    • 電子レンジの「発酵」モードで10分
      • [手動]を5回押す --> 温度[↓]ボタンで「発酵」 --> 時間を[10分]
  6. ウォートをタンクに移す
    • ろうとを使い、そのまま鍋からタンクに移す
      • ホップは取り除く
    • 中の空気がなるべく少なくなるように空気を抜く
      • ソフトタンクを潰す
  7. 比重を計る
    • ウォートを一部取り出し、比重計にて測定
    • 測定時の温度も測る
      • 測定後のウォートは戻さずに捨てる
  8. イーストを入れる
    • ウォートの温度が40℃程度の状態で予備発酵済みのイースト投入
    • レモン汁1/2個分を投入
      • 種や実が入らないように
  9. 保温庫に入れる
    • タンクを温度調節用ケースの中に入れる
    • タンクにチューブを取り付け、先端を水中に
    • 20℃〜22℃程度で管理

二次発酵

  1. 器具の消毒
    • キッチンハイターで消毒
      • 消毒後、お湯でよくすすぐ
      1. ペットボトル
      2. チューブを吸引する為の注射器
    • 金属製のものは煮沸消毒
      • キッチンハイターが使えないので
      1. ろうと
      2. シリコンチューブ
      3. チューブの先に付ける針金(ゼムクリップ)
  2. タンクの移動
    • ウォート入りのタンクをボトルに移し変えやすい場所に移動
    • 事前に静かに移動しておく
      • 底のオリがボトルに入らないようにする必要がある
  3. 比重を計る
    • タンク内ウォートを一部取り出し、比重計にて測定
    • 測定時の温度も測る
      • 測定後のウォートは戻さずに捨てる
  4. プライミングシュガーを入れる
    • ボトル内にスティックシュガーを入れる
    • 500mlに対し、2.5g
      • ボトルにウォートを入れる前に砂糖を入れておく
  5. ボトルに移す
    • ビールをボトルに移す
    • シリコンチューブにて移す
      • 最初に注射器で吸引する必要あり
    • チューブの先端に針金を入れてU字に曲げておく
      • オリが入らないように
    • ボトルの肩の辺りまで入れる
      • 多すぎても少なすぎてもダメ
      • 多すぎると炭酸が発生しない
      • 少なすぎると破裂する
  6. 保温庫に入れる
    • ボトルを温度調節用ケースの中に入れる
    • 水位はボトルのキャップの部分より下
    • 20℃〜22℃程度で管理