英語版Windowsで日本語環境を整える

はじめに

私の妻の友人が海外にて生活している関係で、こんな事を調査してみました。 実は、今回対象となっている友人のWindowsは英語版ではないらしいのですが、 残念ながら、日本語版以外のWindowsは英語版しか手に入りませんでした。 なので、今回は英語版の日本語化を行いますが、 英語版以外のWindowsでも手順は基本的に同じはずです。

また、友人がPCに余り詳しくないので、スクリーンショットを多くし、なるべく手順を省かずに、やさし〜く(自販機の「あたたか〜い」みてーな感じで)書いているつもりです。簡単すぎたらごめんなさい。

又、各スクリーンショットはクリックすると拡大するものがありますので、 必要に応じて拡大した画面を参照してください。

対象環境

こんな環境を対象に説明します。

OS
Windows 98 Second Edition(English)
Web Browser
Internet Explorer 6.0 SP1

できれば、とりあえずWindowsUpdateを実行し、最新の状態にして下さい。 詳細な説明はスクリーンショットを交えて後述します。 今回は、2003.10.01時点での最新の状態を前提として説明します。

海外にてブロードバンド環境が整っていない等の理由で、 全てを最新にすることが現実的ではない場合は、最低でも、InternetExplorerのVersionを5.01以上(できれば6.0 SP1)にしてください。 また、検証した環境はWindows 98 Second Editionですが、 Windows 98(normal)でも同様の手順でOKだと思います。

Windowsのバージョンを確認する

では、とりあえず、Windowsのバージョンを確認してみましょう。 Windowsを起動後、デスクトップにある、 [My Computer]を右クリックして、[Properties]をクリックしましょう。

win_version01.jpg

すると、[System Properties]ダイアログが表示され、 [General]タブが選択された状態になっているはずです。 この画面上の[System]の部分がOSのバージョン表記になります。

win_version02.jpg

上の画面では「Microsoft Windows 98 Second Edition」となっていますが、 使用しているOSによってここの部分の表記が異なります。 以下ではOSが「Microsoft Windows 98」又は「Microsoft Windows 98 Second Edition」 だった場合を前提に説明していきます。

システムを最新の状態にする

日本語化を行う前にシステムを出来るだけ最新の状態にしてください。 システムの更新を行うにはWindowsUpdateと言う機能を使用します。

  1. WindowsUpdateを起動する [Start]ボタンから[WindowsUpdate]をクリックしてください。
    win_update01.jpg
    するとIEが起動し、以下の様な画面が表示されると思います。

    #ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filname)

    この画面がWindowsUpdateそのものです。 WindowsUpdateはIEを利用して実行されます。
  2. Critical Updates(重要な更新)のインストール
    上の画面の画面中央辺りに[Scan for Updates]と言うリンクがありますので、 それをクリックしてください。更新用情報の読み込みが始まり、 その後、以下のような画面になります。

    #ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filname)

    画面左に [Critical Updates and Service Packs (1)] と表示されている部分があると思います。 この[(1)]の部分がインストールする必要のあるCritical Updatesの数です。 ここでは1となっていますが、初めて実行した場合は恐らく、 20とか30とか出るんじゃないかと思います。
    逆に0となっていた場合は既に最新の状態と言うことになります。 更新の数を確認したら画面右の[Review and install updates]をクリックします。 すると、更新の内容が表示されます。

    #ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filname)

    画面右下の部分に表示されている内容が実際にインストールすべき更新の内容です。 内容は詳しい人が見ないと見ても「さっぱり」だと思うので、気にせず[Install Now]ボタンを押しましょう。
    ここで、場合によっては 「この更新は他の更新と一緒に実行できないので、他の更新はキャンセルしてこの更新だけを実行しますよ」 みたいな事を言われたりします。(スクリーンショットを取り忘れました・・・)その場合は素直に[OK]を押してとりあえず、その更新だけを実行し、インストール完了後、再度WindowsUpdateを実行して残りの更新をインストールしてください。
    次に同意を求めるダイアログが表示されますので渋々[Accept]を押してください。
    win_update05.jpg
    すると、インストールが開始されます。プログラムのダウンロード&インストールが続けて行われますので更新が沢山あると結構時間がかかります。 完了するまで気長に待ちましょう。
    win_update06.jpg
    完了すると先ほどのダイアログが消え、以下のような画面に変わります。

    #ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filname)

    この画面が表示されればインストールは完了です。 また、更新の内容によっては上の画面と同時に下のようなダイアログが出る場合があります。

    #ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filname)

    要するに「再起動が必要だから再起動するか?」って聞かれてる訳ですが、 その場合は、またもや渋々従ってください。全く、一体何様なんでしょうね、コイツ。 で、再起動後、再度WindowsUpdateを起動して下さい。同様の手順でCritical Updatesをチェックし、以下の画面のように更新の数が0になるまでインストールを繰り返してください。

    #ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filname)

    先程全部適用したとしても、再度WindowsUpdateを開くと又更新の数が増えている場合がありますので、必ず0になった事を確認してください。

以上で、あなたのWindowsは最新の状態になりました。

余談ですが、Critical Updatesは日々増えていくものです。 なので、定期的にWindowsUpdateを起動して確認して無くてはならないのですが、 「そんなめんどくせー事やってらんねーよ」 と、言う場合には、先ほどのWindowsUpdateの[Critical Update and Service Packs]の下にある[Windows 98 and Windows 98 Second Edition]をクリックし、 右下に出てくる更新の中に[Windows Critical Update Notification 4.0]と言うのがあります。

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filname)

これをインストールすると、次回からはCritical Updatesが増えたときに自動的にメッセージを表示して更新をお知らせしてくれるようになります。

では、前提条件が揃いましたので、いよいよ日本語化です。

IEで日本語を表示する

とりあえず、InternetExplorer(以下IE)にて日本語が表示できるようにしましょう。 とは言っても日本語を見るだけならほとんどする事はありません。

  1. IEで日本語ページを表示
    とりあえず、適当に日本語のHPを表示してみましょう。 例えば、http://www.yahoo.co.jp/等です。どこでもいいです。
  2. Japanese Text Display Supportのインストール
    すると、以下のようなダイアログが表示され、 日本語表示用プログラムのインストールが促されます。 *1
    ie_ja_font01.jpg
    [Download]をクリックし、インストールを続行します。
    ie_ja_font02.jpg
    インストール完了後、IEを見ると既に日本語が表示されていると思います。 たったこれだけです。簡単ですね。

IEで日本語を入力する

ここからが本格的な日本語化ですね。 他国語版のWindowsにて日本語を入力することは可能なのですが、実際には以下のアプリケーションに限られます。

  1. Internet Explorer
  2. Outlook Express
  3. Outlook

ですが、ネットをメールをメインに使用するのであればまあ、これでほとんど問題ないでしょう。 Officeアプリケーションも日本語化することができるのですが、英語版のOfficeが手に入らなかったので、これは別の機会に試してみます・・・。

では、行ってみましょう。

  1. Microsoft Global IMEのダウンロード
    以下のURLにアクセスし、
    [Microsoft Golbal IME 5.02 for Japanese - with Language Pack]
    を選択し、[Next]を押します。
    http://www.microsoft.com/windows/ie/downloads/recommended/ime/install.asp

    #ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filname)

    [File Download]ダイアログが表示されるので、 任意のフォルダ(My Document等)にダウンロードしてください。
    global_ime02.jpg
    [Download complete]が出たら、[Open]を押して、インストールを開始します。
    global_ime03.jpg
  2. Microsoft Global IMEのインストール
    [Microsoft Global IME 5.02 for Japanese]ダイアログにて インストールするかの確認が現れるので[Yes]を押します。
    global_ime04.jpg
    色々と同意させられるので、しょうがなく[Yes]を押しましょう。
    global_ime05.jpg
    [Install Complete]ダイアログが出たらインストール完了です。
    global_ime06.jpg
    再起動を促されますので、再起動しましょう。*2
    global_ime07.jpg
  3. Microsoft Global IMEを使ってみよう
    さて、再起動後、タスクトレイ(Windowsの画面右下の時計とかがある部分)に 見慣れない[En]と言うマークが追加されていると思います。
    global_ime08.jpg
    これが、Microsoft Global IMEです。通常のIMEとはちょっと違いますね。 [En]はそのまんまですが、Englishの略です。 つまり、「現在、Englishモードです」と、言うことです。 *3 EnglishモードとはいわゆるIMEがOFFの状態ですね。

では、使ってみましょう。

  1. 対応アプリケーションを開く
    上のほうで書きましたが、Global IMEは対応アプリケーション上でしか使用できません。ですので、対応アプリケーションにフォーカスが当たっていないと機能しません。 ここでは、とりあえずInternet Explorerを開きましょう。
  2. IMEをONにする
    IMEをONにするにはInternet Explorerにフォーカスが当たっている状態(前面に出ている状態)で「Alt + Shift」を押します。
    すると、タスクトレイの[En]が[JA]に変わり、付近にIMEのツールバーが表示されます。
    global_ime09.jpg
    もう一度、「Alt + Shift」を押すと[En]に戻ります。つまり、「Alt + Shift」で言語モードの切り替えです。
  3. 日本語入力モードにする
    「Alt + Shift」を押してタスクトレイのアイコンが[JA]の状態で、 日本語入力をONにするには、通常のIMEと同じく、[Alt + 半角]を押します。 但し、これは109日本語キーボードの場合で 海外にて101英語キーボードを使用している場合は[Alt + ~]*4になります。 上記の組み合わせのキーを押すと、 日本語版のIMEと同様にIMEバーの[A]の部分が[あ]に変わり、 IE上のテキストボックスにて日本語が入力できるようになります。
    global_ime10.jpg
    デフォルトではローマ字入力となります。 変換や確定の手順は通常のIMEと基本的に同じで、 スペースで変換候補表示、 [F7]or[Ctrl + I]でカタカナ、 [F10]でアルファベット等に変換できます。

    #ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filname)

以上で日本語化完了しましたとさ、めでたし、めでたさ、めでたせれ。(活用)



URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 もし、表示されなかった場合は既にインストール済みの可能性があります。日本語が正しく表示されていれば、以下の作業は不要です
*2 状況によっては促されないかもしれません。その場合はそのまま次の工程へどうぞ
*3 他国語版では[En]以外のモードになっているかもしれません
*4 ~は一番左上のキーです。日本語キーボードだと[半角]がある辺りですね